スタッフルーム
栄養士:石川眞弓( 15/07/01 Wed 0:45 更新)

フィットネス愛好者のために

フィットネス愛好家にとってせっかくのトレーニングの成果をより効率よく出していきたいと願うのは当然の事だと考えています。目的は様々ですが(健康管理、痩身、スポーツ能力強化、病気の治療等)、効率の良い食事の方法を知る事で成果を数倍に上げる事に協力したいと考え発案しました。

個人の目的や生活、健康状態、体格などに合わせたオリジナルの栄養指導ができるよう現在準備中です。方法としては個人データとして自己記入式の調査票に記入していただき、内容を分析してインフォメーションを提供する形式です。インフォメーションの内容をより充実させ、耳知識として終わるのではなく実際活用できて効果発揮につながるようなそんなデザインを心がけています。

たとえば、摂取カロリーや栄養配分、ポイントアドバイスや理論的根拠などをインフォメーションしますが、実際にその情報を食事に活用できるためには、たとえば数値だけではなくその数値を満たす食材や献立など実用できて即上手な食事に役立てることができる項目が必要だと考えます。そのような実際利用される個人のニーズも現在調査中です。

▲Top