アスレチック ジム
中原雄一( 15/07/01 Wed 0:45 更新)

ラット エクササイズ lat exercise

効果部位

効果部位:主に背中を広く覆い、広がりをつくる筋肉(広背筋/Latissimus dorsi, 大円筋/Teres Major)

この筋肉を鍛えると、特に逆三角形の背中(デルタ バック)をつくることができます。女性の場合も、背中の広がりを利用して、ウエストをより細く見せることができるでしょう。

 

ラット エクササイズの行いかた 

<<まずは・・・>>

柱の前に立ち、両足を揃えて柱の一番下に当てます。

両手でしっかり柱をつかみましょう。

その状態からおしりをグンと後ろに引いて、背中を丸め、背中全体の筋肉をストレッチングしましょう。

写真のように軽く膝を曲げ、腰への負担を軽くする必要があります。

 

<<それでは動作を開始しましょう!>>

まず、肩を十分に落として、脇を絞ります。同時に胸を十分に張ってく ださい。

次に、息を吸いながら、両肘を脇に近づけていきましょう。胸を柱に近づける感じです。

 

<<胸が柱に一番近づいたところでフィニッシュ!>>

このとき、少しだけ止めてあげると効果が高くなります(血圧の高い方は注意なさってください)。

 

<<体を柱に近づける動作が完了したら・・・>>

息を吐きながら、ゆっくりとおしりを後ろに引いていきます。

肘は「伸ばす」というより体の重みで「伸ばされる」感じです。

肩は十分に絞られていますか?

 

<<次の動作に備えます>>

一番はじめの姿勢に戻ります。

以上の動作を決めた回数だけ繰り返してください。

次の動作に移る場合、間髪をおかずに行うとより効果が上がるでしょう。

写真のように肩の力を抜いて1回1回ストレッチングを行ってもよいのですが、よりハードに行いたい場合は、肩を絞ったまま次の動作に移ります。

 

ポイント

手が滑って後ろに転倒する危険があります。十分に注意して行ってください。

▲ Top